自動車の保護|ガラスコーティングで新品同様の見た目に

コーティング剤の種類

運転する女性

車を保護するためのコーティングには、コーティング剤を用いることになります。コーティング剤には種類があり、ワックスを始め、ポリマーやフッ素、そしてガラスなど多種多様です。これらコーティング剤は、それぞれに異なった特徴とメリットがあり、一概にどれが一番優れているのかとはいえません。そのため、ユーザーの需要によって大きく変化していきます。
もっとも一般的なのが、ワックスです。ワックスは非常に安価であり、自分で車の塗布作業も行えるほどお手軽に行えるということで人気が高いです。しかし、雨に弱いため、雨がふる度に車に再度塗布しなければならないという注意点が挙げられます。ポリマー・フッ素コーティングは特徴が告示しています。こちらもワックス同様自分でも塗布でき、ワックスに比べれば水にも強いのですが、どちらも柔らかいため傷には若干弱いです。しかし、それでも車に重ねて塗布すれば傷を消すこともできる上に、業者の施工も安価で行えるメリットがあります。なお、この2つの場合フッ素のほうが長持ちする傾向にあります。
そして、ガラス系コーティングは、この中でも耐久性も防水性ももっとも高いことで知られています。更に、効果の持続時間も年単位で長持ちするため、コストパフォーマンスにも優れています。しかし、その分初期費用がかかってしまうため、全てにおいて優れているというわけではありません。そのため、定期的なメンテナンスを自分で行うならワックスやフッ素のほうが良いという可能性もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 自動車の保護|ガラスコーティングで新品同様の見た目に All Rights Reserved.